Running FFMPEG with WASM in a Web Worker

私はFFMPEG.jsが大好きです。これは、asm.jsでコンパイルされた素敵なツールです。そして、私はビデオをすばやく編集できるJS Webアプリケーションを作成しましょう。 FFMPEG.jsもWebワーカーと連携して、メインスレッドをブロックせずにビデオをエンコードすることができます。

私はComlinkも大好きです。 Comlinkでは、複雑な postMessageステートマシンを扱わなくても、関数やクラスを公開することで、Webワーカーと簡単にやりとりすることができます。

私は最近、この2つを組み合わせる必要があります。私はFFMPEGをWebアセンブリにエクスポートして実験しました(これはうまくいきます)、現在のFFMPEG.jsプロジェクトでpostMessageの作業をすべてクリーンアップしたかったのです。以下は、コードが今のように見えるものです - 私はそれがかなりきちんとしていると思います。私たちにはffmpeg.jsとcomlinkをインポートするワーカーがいて、単にffmpegインターフェイスを公開するだけです。次に、workerを読み込んだ後、comlinkを使ってffmpeg APIへのプロキシを作成するWebページがあります。

きちんとした

worker.js

importScripts('https://cdn.jsdelivr.net/npm/comlinkjs@3.0.2/umd/comlink.js');
importScripts('../ffmpeg-webm.js'); 
Comlink.expose(ffmpegjs, self);

client.html

let ffmpegjs = await Comlink.proxy(worker);
let result = await ffmpegjs({
   arguments: ['-y','-i', file.name, 'output.webm'],
   MEMFS: [{name: file.name, data: data}],
   stdin: Comlink.proxyValue(() => {}),
   onfilesready: Comlink.proxyValue((e) => {
     let data = e.MEMFS[0].data;
     output.src = URL.createObjectURL(new Blob([data]))
     console.log('ready', e)
   }),
   print: Comlink.proxyValue(function(data) { console.log(data); stdout += data + "\n"; }),
   printErr: Comlink.proxyValue(function(data) { console.log('error', data); stderr += data + "\n"; }),
   postRun: Comlink.proxyValue(function(result) { console.log('DONE', result); }),
   onExit: Comlink.proxyValue(function(code) {
     console.log("Process exited with code " + code);
     console.log(stdout);
   }),
});

私はComlink、Workers、WASMのコンパイルされたモジュールが一緒に演奏できる方法が本当に好きです。私はWASMモジュールと直接対話する慣用的なJavaScriptを取得し、それはメインスレッドから実行されます。

全文を読む

About Me: Paul Kinlan

I lead the Chrome Developer Relations team at Google.

We want people to have the best experience possible on the web without having to install a native app or produce content in a walled garden.

Our team tries to make it easier for developers to build on the web by supporting every Chrome release, creating great content to support developers on web.dev, contributing to MDN, helping to improve browser compatibility, and some of the best developer tools like Lighthouse, Workbox, Squoosh to name just a few.