Registering as a Share Target with the Web Share Target API

Pete LePageがオリジントライアルでWeb Share Target APIとChromeの可用性を紹介します

Until now, only native apps could register as a share target. The Web Share Target API allows installed web apps to register with the underlying OS as a share target to receive shared content from either the Web Share API or system events, like the OS-level share button.

Read full post

このAPIはウェブ上のゲームチェンジャーです、それはネイティブのアプリで利用可能であったことがあるものへのウェブを開く:ネイティブの共有。アプリはサイロであり、それらはすべてのデータを吸い込み、プラットフォームを越えてアクセスするのを難しくします。共有ターゲットは、Webが同じゲームで遊ぶことができるように競技場を平準化し始めます。

Twitter Mobileの経験には、Share Target already enabledます。この投稿は私のサイトの管理者パネルのmanifest.json定義した共有ターゲットを使って作成されました - それは非常にうまく機能し、ファイルサポートがあればmanifest.jsonに自分のデバイス上のイメージやブロブをブログに投稿できるようになります。

とてもエキサイティングな時代です。

リンクされた記事を読んで、このAPIがいつ公開されるべきか、およびAPIの使用方法のスケジュールについて詳しく学んでください。

About Me: Paul Kinlan

I lead the Chrome Developer Relations team at Google.

We want people to have the best experience possible on the web without having to install a native app or produce content in a walled garden.

Our team tries to make it easier for developers to build on the web by supporting every Chrome release, creating great content to support developers on web.dev, contributing to MDN, helping to improve browser compatibility, and some of the best developer tools like Lighthouse, Workbox, Squoosh to name just a few.