Meatspace Augmented Reality: From Chester to Nagoya

私はChester大好きChester -それは歴史の山で、イングランド北西部の城壁に囲まれたローマの砦の町です。ローマ時代の庭園を歩いてみると、英国内戦時の壁の破れを描いた現実世界の拡張現実体験に出会いました。

ボード上の関連情報を見ると、その期間に何が起こっているのかがわかりました。この経験により、現代のスマートフォンとヘッドセットの拡張現実について考えるようになりました(私は幸運にもMagic Leapで遊ぶことができました)-これらのデバイスでデモを行うユースケースは、現在開発コストに見合うだけの価値はありません。

上記の体験を作成するのに必要だと思っていたものをデジタルインタラクティブとしてコストをかけました。エクスペリエンスを実行するために必要なデバイスのコストと、ARエクスペリエンスをアクティブにする方法を説明する実際の看板。

これにより、名古屋城で見た次のリアル(真の意味での)AR体験ができます。

LineやTwitterの内部ではなく適切なブラウザを使用するように指示する素敵な大きな兆候があります-通常はカメラや他のAPIに常にアクセスできないためだと思います(これはより大きな問題だと思いますiOS)

次に、追加のコンテンツにアクセスできるように、何をすべきかを説明するプレミアム不動産を取得します(標識の1つの写真を撮る)。

qrsnapper.comを指して、名古屋城のARエクスペリエンスをロードします(注:サイトの使用中に適切な写真を撮るのを忘れたため、事後にスクリーンショットを撮る必要がありました)。

次に、カメラを使用して城の周りに点在する特別なシンボルをスキャンできる別のWebアプリをロードします。

最後に、エクスペリエンスをロードして、実世界のかなりかわいいビデオオーバーレイで詳細情報を取得できます。

これはAppleの基調講演で見られるARデモではありませんが、ARであり、文脈に沿ったものです。 Webエクスペリエンスの迅速な読み込みと使用を優先するアプリ。しかし、プラカードに書かれたテキストに大きな価値を追加することはできませんでした。これを構築し、建物に指示標識を配置するのに費用がかかるのかと思います。長い目で見れば。

次に、他の大きな問題は発見可能性でした。 2つのカメラアプリケーションをロードする必要がありました。WebページにアクセスするためのQRスキャナーと、Webアプリのオブジェクトスキャナーです。これは、予測可能な将来のARベースの経験にとって大きな懸念となるはずです。簡単に発見および使用できない場合は、使用されません。アプリは、巨大な1回限りのダウンロードの特権を取得するためだけに、発見の問題を解決しません(誰もがそのQRコードをスキャンする必要があります)。これが解決されているのを見ることができる唯一の場所は、カメラアプリ内で、その上に(Web理想的には)コンテンツレイヤーがあり、ユーザーがコンテンツをすばやく作成してホストできるようにすることです

私は、 Web Perception Toolkit基づいていないアンカーから発見できるエクスペリエンスを簡単に構築できるようにしようとしているWeb Perception Toolkitなどのプロジェクトに、 Web Perception Toolkitの希望を持っています。ただし、複数のOSのカメラにディスカバリーをより深く統合して、私たちが話している消費者のユースケースでARを本当に活用する必要があります。また、これのコンテンツ作成の側面についても話しませんでした。安くはありません。

現時点では、チェスターでの経験で十分です。そして多分それは大丈夫です。

Paul Kinlan

Trying to make the web and developers better.

RSS Github Medium