Getting started with the Ambient Light Sensor

Paul Kinlan
Available in: English (Original) Deutsch Español Français मानक हिन्दी русский язык tiếng Việt தமிழ் bahasa Indonesia

ディーン・ヒューム氏は最近、PWAの多くの素晴らしい仕事をしています。また、彼は新しいプラットフォームAPIの多くを探っています。この場合は汎用センサーAPIです:

The Ambient Light Sensor API provides developers with the means to determine ambient light levels as detected by the device’s main light detector. This information is available to developers in terms of lux units. If you are building a Progressive Web App and you want to style it differently depending on the light levels in the room, then this could be the feature for you. There are a number of use cases for this feature, such as a web application that provides input for a smart home system to control lighting, a “Kindle” style reading app, or even a web app that calculates settings for a camera with manual controls (aperture, shutter speed, ISO, etc.).

全文を読む

私はChrome Dev Summim 2016でGeneric Sensor APIについて語ったので、Chromeに着陸するのはしばらく時間がかかりました(私はそれがまだフラッグの裏にあると思います)。そしてEdgeに最初に着陸したようです。周囲光センサーは、汎用センサーの上に構築された多くのAPIの1つです。ジャイロや磁力計などがあります。明るさの自動調整などのユースケースを開いたり、暗いモードのテーマに切り替えるようにユーザーに指示するなど、周囲の周囲光レベルに関する情報を得ることができます。 Generic Sensor APIの基本がWebエクスペリエンスにもたらす影響を確認することは、確かに面白いことです。

Paul Kinlan

Trying to make the web and developers better.

RSS Github Medium