Using HTTPArchive and Chrome UX report to get Lighthouse score for top visited sites in India.

[前の記事](/ lighthouse-for-in-domains /)で触れたように、私はインドでより多くの開発者関係の仕事を計画し始めています。インドのユーザーがウェブをどのように経験しているか。その記事では、インドのサイトを決定するための非常に簡単なヒューリスティックを持っていました。それは「.in」ドメインです。私はこれがこれを見ている最善の方法ではないことを知っていましたが、それは良い最初のように感じました。

私が本当に欲しかったのは、インドのユーザーが訪問したサイトを理解して、サイトの人気度でランク付けしたサイトを理解する方法でした。

幸いなことに、Chrome UXレポートにはそのデータの一部が含まれています。 ChromeのUXレポートには、BigQueryの一連の表があります。この表には、インドのユーザーが訪れた多くのトップ原点のリストが含まれています(表は chrome-ux-report.country_in.20180です。国)。 Chrome UXレポートには、実際のユーザーの集計されたサイトの速度など、各原点ごとにさらに多くのデータがありますが、実際にはURLだけが必要でした。

ChromeのUXレポートのデータを使用して、前述のHTTPArchive灯台のスコアとともに、HTTPアーカイブのAlexaランキング表と組み合わせることで、インドのユーザーが実際に見るものをよりよく把握できます。

SELECT
  url, rank,
  JSON_EXTRACT(report, '$.categories.seo.score') AS seo_score,
  JSON_EXTRACT(report, '$.categories.pwa.score') AS pwa_score,
  JSON_EXTRACT(report, '$.categories.performance.score') AS speed_score,
  JSON_EXTRACT(report, '$.categories.accessibility.score') AS accessibility_score
FROM
  `httparchive.lighthouse.2018_08_01_mobile`
JOIN (
  SELECT
    DISTINCT origin,
    Alexa_rank AS rank
  FROM
    `httparchive.urls.20170315`
  JOIN
    `chrome-ux-report.country_in.201807`
  ON
    NET.REG_DOMAIN(origin) = Alexa_domain) AS crux
  ON
    url = CONCAT(origin, '/')
ORDER BY
  rank ASC, url ASC

上記のクエリを実行すると、Googleスプレッドでは大量のデータが返されるため、上位16,000サイト(Alexaランキングでは最大約7,000件)までしか分析しませんでした。以下は、コメントなしで集計されたデータです。

####トップ7k

スコアの範囲 SEOスコア PWAスコアスピードスコア A11Yスコア
0 0 25 149 10
0.5 45 12253 7841 3925
0.7 1907 3609 2725 6498
0.8 1713 54 1188 2610
0.9 3016 30 1180 1788
1 9278 21 2283 1157
0 0 0 0

Alexa Top 100

スコアの範囲 SEOスコア PWAスコアスピードスコア A11Yスコア
0 0 0 3 2
0.5 0 2279 1231 519
0.7 87 703 484 1348年
0.8 199 0 198 587
0.9 375 0 261 302
1 2316 0 694 219
0 0 0 0

Alexa Top 1000

スコアの範囲 SEOスコア PWAスコアスピードスコア A11Yスコア
0 0 1 19 2
0.5 16 5471 3517 1942
0.7 546 1867年 1272 2941
0.8 757 9 507 1212
0.9 1077 16 567 719
1 4962 6 1241 550
0 0 0 0

私は、ツール開発者や企業が現在手にしているのは、ユーザーが実際にウェブの経験をどのように感じているかについて、合理的かつ原理的な決定を下す能力に大きな違いをもたらすと考えています。私にとっては、このデータは、私たちが見ることができるベースラインを提供して、私たちのdevrel作業の戦略が長期的に生態系に影響を与えるかどうかを見ています。

About Me: Paul Kinlan

I lead the Chrome Developer Relations team at Google.

We want people to have the best experience possible on the web without having to install a native app or produce content in a walled garden.

Our team tries to make it easier for developers to build on the web by supporting every Chrome release, creating great content to support developers on web.dev, contributing to MDN, helping to improve browser compatibility, and some of the best developer tools like Lighthouse, Workbox, Squoosh to name just a few.