Barcode detection in a Web Worker using Comlink

私はQRコードの大ファンです。実世界とデジタル世界の間でデータを交換するための非常にシンプルできれいな方法です。数年前から、私はQRSnapperと呼ばれる小さなプロジェクトを持っていました。まあそれはいくつかの名前を持っていますが、これは私が解決したものです—これは getUserMedia APIを使用してユーザのカメラからライブデータを取得し、ほぼリアルタイムでQRコードをスキャンすることができます。

このアプリの目標は、UIで60fpsを維持し、QRコードをすぐに検出できるようにすることでした。これは、検出コードをWebワーカー(かなり標準的なもの)に入れなければならないことを意味しました。この記事では、comlinkを使ってワーカーのロジックを大幅に単純化する方法を簡単に共有したいと思っていました。

qrclient.js

import * as Comlink from './comlink.js';

const proxy = Comlink.proxy(new Worker('/scripts/qrworker.js')); 

export const decode = async function (context) {
  try {
    let canvas = context.canvas;
    let width = canvas.width;
    let height = canvas.height;
    let imageData = context.getImageData(0, 0, width, height);
    return await proxy.detectUrl(width, height, imageData);
  } catch (err) {
    console.log(err);
  }
};

qrworker.js(ウェブワーカー)

import * as Comlink from './comlink.js';
import {qrcode} from './qrcode.js';

// Use the native API's
let nativeDetector = async (width, height, imageData) => {
  try {
    let barcodeDetector = new BarcodeDetector();
    let barcodes = await barcodeDetector.detect(imageData);
    // return the first barcode.
    if (barcodes.length > 0) {
      return barcodes[0].rawValue;
    }
  } catch(err) {
    detector = workerDetector;
  }
};

// Use the polyfil
let workerDetector = async (width, height, imageData) => {
  try {
    return qrcode.decode(width, height, imageData);
  } catch (err) {
    // the library throws an excpetion when there are no qrcodes.
    return;
  }
}

let detectUrl = async (width, height, imageData) => {
  return detector(width, height, imageData);
};

let detector = ('BarcodeDetector' in self) ? nativeDetector : workerDetector;
// Expose the API to the client pages.
Comlink.expose({detectUrl}, self);

私は本当にComlinkが大好きです。特に、スレッド間で動作する慣用JavaScriptを作成する場合、ライブラリのゲームチェンジャーだと思います。最後にここでうまくいくのは、ネイティブのバーコード検出APIをワーカー内で実行できるため、すべてのロジックがUIからカプセル化されているからです。

全文を読む

Picture of me smiling.

Paul Kinlan

I lead the Chrome Developer Relations team at Google.

We want people to have the best experience possible on the web without having to install a native app or produce content in a walled garden.

Our team tries to make it easier for developers to build on the web by supporting every Chrome release, creating great content to support developers on web.dev, contributing to MDN, helping to improve browser compatibility, and some of the best developer tools like Lighthouse, Workbox, Squoosh to name just a few.

RSS Github Medium